論文情報ナビゲータ(CiNii)の紹介

研究のために、日本語を勉強している大学院生の皆さんに紹介したり日本語の論文(ろんぶん)を検索(けんさく)するポータルサイトを紹介したいと思います。


論文情報ナビゲータ(CiNii)というのですが、国立情報学研究所というところがやっているもので、
URLはhttp://ci.nii.ac.jp/ です。
そのページによるt、
国立情報学研究所は、現在284の学協会から許諾を得て、紙媒体の学協会誌約1,000タイトルに掲載された約300万件の論文本文をNII-ELSとしてPDF化しています。NII-ELSには、一部、大学等の研究紀要の本文PDFも含まれています。
ということで、日本語で書かれた論文を探して、その中にはPDFをそのまま読めるものもあります。

探せる論文は[収録件数: CiNii: 11878662件(2008/10/12)]ということですから、たくさんありますね。


ちょっと使ってみましょう。

まず、チュイさんが国民党の思想家、戴季陶という名前を挙げていたので、それで検索してみました。

PDFが読めるのを見ると、たとえばこんなのがありました。

嵯峨,隆「満州事変の中での戴季陶 : その対外観と現実との接点
国際関係・比較文化研究 2(1),111-127,20030930(ISSN 13481231) (静岡県立大学国際関係学部/静岡県立大学)

PDF(http://ci.nii.ac.jp/cinii/servlet/CiNiiLog_Navi?name=nels&type=pdf&lang=jp&id=ART0007416105

でも、ときどきPDFがあっても有料の場合があります。

もうひとつ、野口米次郎についても読みたいといっていたので、探してみると、佐藤,紘彰という人が「アメリカ・カナダ研究」に書いた「ヨネ・ノグチ : 実績と役割」という論文を見つけることができました。PDFhttp://ci.nii.ac.jp/cinii/servlet/CiNiiLog_Navi?name=nels&type=pdf&lang=jp&id=ART0007479529

>チュイさん
高畠素之については自分で検索してみてくださいね。

http://columbia.at.webry.info/200810/article_3.html
近代日本の知識人と中国哲学
日本文化の近代化に果たした中国哲学の影響を明治、大正、昭和の代表的知識
人の思想を通じて考察する。
定価(税込):\1,890 徐水生(著) 東方書店
ISBN 978-4-497-20803-3 C3010 発売日 2008年10月30日

という本についての情報を載せましたが、関係がありますか。

シンティンさん
中国、女医で検索したらこんなのがありましたが、PDFのはすぐ読めるのがありませんでした。

人民中国
People's China
(2005/9) (通号 627) pp. 62~65
人民中国雑誌社 ISSN:04490312
書誌情報
日本で学んだ疼痛医学を中国で開花させる 女医の趙英さん
王 磊

今和次郎 196件
権田保之助 29件



コロンビアは機関定額制参加機関一覧に載っていません。
その中にあれば、無料で 「サイトライセンス個人ID」が取得できるそうですが、それがあっても費用がただになるわけではないようです。

この記事へのコメント

チュイ
2008年10月16日 09:42
高畠素之を調べて、色々な論文があって、よかったです。

このサイトを教えていただいて、どうもありがとうございました。
2008年10月16日 23:23
いえいえ。何かまた成果があったら、教えてくださいね。
2010年01月06日 17:12
参考になります!ありがとうございます!
2010年01月19日 18:41
参考になります!ありがとうございます!

この記事へのトラックバック