テーマ:日本語

当て字(あてじ)

キャシーさんが、ここで、兎(うさぎ)に角はないのに「兎に角(とにかく)」という漢字の使い方があるのは不思議だと書いていました。たしかに、ちょっとおかしいです。これは当て字といいます。当て字は、必ずしも意味とは関係なく漢字を使うことです。夏目漱石という明治時代の作家が当て字をよく使って、この「兎に角」もそれで広まったという説もあるようです…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

岡田朝太郎など

張さん、 京都大学法学部の寺田浩明という先生の中国法制史研究 ホームページというのを見つけました。 http://www.terada.law.kyoto-u.ac.jp/ その中に、東洋法制史研究会通信というのを見つけました。 http://www.terada.law.kyoto-u.ac.jp/tohoken/in…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

日本語のポッドキャスト:Saturday Waiting Bar Avanti

ポッドキャストはいろいろありますが、学校へ来る途中や運動をしながら日本語を聞けるので、みんな聞いてみたらいいと思います。 今日はクラスで歌舞伎役者の片岡孝太郎さんの話を聞きました。ちょっと早くて知らない単語がたくさんありましたけど、だいたいわかりましたか? 片岡孝太郎 http://podcasts.tfm.co.jp/p…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

擬音語・擬態語のウェブサイト

擬音語・擬態語を勉強しましたが、こんなサイトがあったので紹介したいと思います。 http://www.kokken.go.jp/nknet/Onomatope/index.html 国立国語研究所 用例・会話作成者 三上京子先生 あいうえお順のリストもあるし、音や人の動きなどカテゴリー別のリストもあります。 た…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

真っ赤な嘘

3年生の皆さん、 先週、村上春樹の「真っ白な嘘」というエッセイを読みましたが、どうでしたか。確かに知らない単語がたくさんありましたが、本当の作家が本当に書いたものとしては読みやすかったし、軽く、楽しく読めてよかったかなと思ったんですが。。。 ところで、「真っ赤な嘘(まっかなうそ)」というのはどうして本当に「真っ赤」なんでしょ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more